02.04.2020

ここで起きてること
あっちで起きてること

奇妙な不安を抱えて
今日も目が覚めて朝ごはんを食べる

今抱えてるものも
向き合って対処すれば
当分は消えて無くなる

虫歯みたいに

03.04.2020

ご飯とか洗剤が混ざった匂い
ぴったりな間取り
中途半端な照明
大きな窓
ちょっと乾燥してる部屋
たまに長い髪の毛が落ちた洗面所

ここじゃなければあそこ
居場所が想定できる空間

要る物がなくて
でも不便じゃなくて

ただ今を送っている

04.04.2020

前髪を切った

図太い真っ黒な
眉毛がよく見える

なんなら顔の半分もあるだろう
おでこもよく見える

欠点と思っていたものが
今は撫でるように愛らしい

05.04.2020

“People who think you could wave a magic wand
and the legacy of the past will be over are blind”

86才現役女性の
US最高裁判所判事ルースから
上記の言葉がある。

多くの経験を基に放たれた言葉は
今の私たちを後押しし
変化をもたらすきっかけを与える

晴れた日曜の
嫌味なほど眩しい太陽のように感じた

08.04.2020

少し近所を散歩してみて感じる

メディアでも被害ニュースに紛れて
取り上げられている

外が綺麗

ゴミも少なくなって
心なしか空気も清々しい
空が青く透明で
鳥もこんなに鳴くのかとか

私たちの生活と代償に
見放されてた自然や動物が
皮肉にも今やっと
息をし始めた

11.04.2020

よくスペースアウト(ぼんやり)する私

いつも彼から
何考えてんの
なんてよく言われる

ぼんやりしているのか
考え過ぎて意識が現在にないのかは
不確かだけど

貴方のせいじゃないんだよ
私の脳細胞足りなくて
思考に少し時間がかかるだけ

なんて、
どこかで聞いたフレーズを言ってみて、
またアウト

12.04.2020

深夜になるとぼんやり睡魔が襲って
コトンと朝まで深い眠りにつく

体調の優れない彼は
夜中に数回起きたり
少しも眠れないという

そんな彼の横で私は
嫌味なほど無神経に
すやすやと眠っているみたい

”僕が深夜に緊急事態になっても
君は寝たままかもね”

なんて笑って冗談を言う彼に
少し不安で申し訳なく思った

そんな私は今夜も
申し訳なささを微塵も見せずに
ぐっすり寝ちゃうんだろうな